ブログ

スキルアップ研修会『働くために必要なこと』を開催しました!!

本部・東部地域障害者就労推進センター
2016.03.31

 神戸市東部地域障害者就労推進センターでは、「働くこと」などに関する相談を

受けることも業務の一つなんですが 、地域のネットワーク作りもやってるんです。

 

ネットワーク作りって、なにをするかと言うと、例えば先日、今年度2回目のネットワーク会議を実施しました。

このネットワーク会議では、地域の就労支援を行っている福祉事業所の方や、学校の先生、

行政機関の方などが集まって色んな話をして、情報の共有を図ったり、所属している事業所の

垣根を超えて、協力して支援環境の充実を図ろうってことで、開いている会議です。

 

 今回は、今年4月から施行される法律の改正にある「障害者差別禁止指針」と「合理的配慮指針」

について改めて確認したり、勉強しようってことで、大変お忙しい中でしたのに

弁護士の青木志帆氏(明石市福祉部障害者・高齢者支援担当課長)より、ご講演いただきました。

 

上記2つの指針の概要と、「これからの就労支援において支援者に何が求められるのか」について

具体的にお話しがありました。私も色んなセミナーや講演会に行ってお話を聞く機会がありますが、

時々ただ法律上の説明、机上の理論だけを聞かされる講演会もある中、実務に落とし込めるお話も

たくさんうかがえて、多くの気付きや学びを得ることが出来たご講演でした。

 

参加された方からも「とても分かりやすく、参加して良かった」とのお声をいただきました。

これって、お世辞じゃなくて、ほんとにいいお話を聞けて貴重な機会だったと思っています。

 

本部・東部ブロクphoto20160331

 

 

 また、別の日には、スキルアップ研修会『 “働く”ために必要なこと』を開催しました。

 

やっと、今回のブログのタイトルにある話です。この研修会は誰を対象にした、どんな内容の研修会かと言いますと、

 

現在、灘区・東灘区の福祉サービス事業所を利用しているこれから就職に向けて一歩踏み出そうとしている方、

また、それぞれの事業所内でも活用していただけるように支援員の方などを対象としていまして、

当日は総勢36名の方が参加されました。

 

内容は、「働くために必要なことは何なのか?何から始めればいいのか?」等、働く場面で必要な

ルールやマナー、コミュニケーションについて、グループワークも交えながら楽しく学ぶことが出来ました。

本部・東部ブロクphoto20160331-2

参加された方からは「楽しかった」、「事業所内でも役立てたい」、「また参加したい」と感想を聞くことが出来ました。

 

次年度も、『参加して良かった』と思っていただける企画を考えていきたいと思っています!!

 

お楽しみに

 

  • 就労以降支援
  • 就職後サポート
  • 施設一覧
  • NEWS
  • EVENT
  • COLUMN
  • BLOG
pagetop