本部長のひとりごと

Impossible is nothing

2011.06.01
本部長のひとりごと

 

 サッカーのUEFA(ヨーロッパチャンピオンリーグ)決勝見ました。

 

 日曜日の明け方4時前から、地上波で放送していて、初めてバルセロナFCのサッカーをリアルタイムで見ました。

 

 名門マンチェスターUをもってしても、バルセロナの完勝、しかもあんなに美しいサッカーを見たのは初めてでした。

 

 そして、最優秀選手に輝くメッシだけでなくビジャもイニエスタもロドリゲスも素晴らしく、決してスーパースターのメッシだけでなくチーム全体が完成されつくした印象が残りました。(まるで、90年代のNBAでマイケルジョーダンを擁したシカゴブルズと重なるところがありました。 マニアックですみません。)

 

 また、優勝トロフィーの授与役をキャプテンのプジョルが約2か月前に肝臓がんから復活したばかりのアビダルに譲るシーンなんかスタジアム全体が温かくちょっと感動的でした。

 

 そして、ご存知の方も多いでしょうが、最優秀選手のメッシも11歳時に成長ホルモンの分泌異常の症状が発覚。治療なしでは身体が発達しないと診断され、現在所属するバルセロナが治療費を全額負担し、入団時(13歳)は143㎝しかなかった身長が、治療を続けた結果、17歳の時、現在の身長169cmにまで成長したそうです。

 

 約4年前にメッシのことを題材にしたアディダス社のCMです。

 http://www.youtube.com/watch?v=XTDv_WQmsgw

 

 “ Impossible is nothing ”

  

 すぐに結果が出る事ばかりではなく、取り組んでいることが評価される(認められる)まで何もしてないかの如し、批判され続けることもあるかも知れないけど、信念を持ってやるっきゃない!!

 

 それまで、めげるな!みんな!! ・・・そして私も(^_^)v       imgb71d08a7zikczj.jpeg

 

 

 

  • 就労以降支援
  • 就職後サポート
  • 施設一覧
  • NEWS
  • EVENT
  • COLUMN
  • BLOG
pagetop